《ギネス挑戦企画合計ツイート数集計結果のお知らせ》

ホーム > ギネス挑戦企画参加方法

ネット選挙解禁記念企画第二弾!”投票した!”のツイート数で、ギネス記録に挑戦しよう!目指せ!投票率大幅アップ!!

ネット選挙解禁記念第二弾企画、ギネス記録挑戦企画

投票に行って、つぶやいて、ギネス記録に挑戦しよう!

第23回参議院選挙でネット選挙が解禁となりましたが、それによって若者やネットユーザーを中心に利用している人々の投票率が高まらなければ、ネット選挙が解禁された意味がありません。

そこで!国民の広場は、ネット選挙解禁で若年層を中心とした層の投票率を高めるために、
一定期間内にTwitter上で「投票した」と投稿された数を集計する、ギネス記録挑戦企画を実施します。

今回の選挙を、「これまでで最も多くの有権者が投票した選挙」とし、私たちの声を正しく政治に反映させ、私たちの生活を自分たちの手でより良いものに変えていきましょう!!

沢山の方のご協力が無ければ記録達成には至りません。皆さんのご参加をお待ちしております。


47NEWS ・毎日新聞社・信濃毎日新聞社・愛媛新聞社・長崎新聞社・琉球新報社・日刊スポーツ新聞社・
サンケイスポーツ など、様々なメディアでギネス挑戦企画が紹介されています!!(7月18日現在)

ギネス

参加方法

参加方法

  1. ステップ1
    まずは、投票に行きましょう!(期日前投票もご活用ください)

    次へ

  2. ステップ2
    あとは、投票したことを企画実施期間(7月12日~7月22日)に自分のツイッターでつぶやくだけ!!
    (必ずハッシュタグ #投票ツイートdeギネスに挑戦  付きで、「投票に行った」「投票した」とツイートしてください。)
【注意事項】
  • 下部の「ギネス記録に挑戦する!」ボタンをクリックすると、定型文を含んだtwitter投稿画面が表示されます。
  • 正確な投稿数を計測するために、ハッシュタグ「 #投票ツイートdeギネスに挑戦 」を含んだつぶやきのみをギネス申請対象とします。
  • ハッシュタグの前後に半角スペースを入れてツイートしてください。
  • RT、一人による複数回ツイート、未成年者と思われるツイート、企画実施期間外のツイートは投稿数に換算しません。
  • 投稿したハッシュタグ付きツイートは、下記の参加者一覧(ハッシュタグ一覧)に掲載されます。
  • 投票率を高めるためにも、「投票した」ツイート投稿後もギネス企画の存在を拡散・紹介ツイートを行って頂けるとありがたいです。
  • 公職選挙法により投票日当日7月21日は、特定の候補者・政党等への投票・応援を募るメッセージを書き込むことが禁止されていますのでご注意ください。
    ※単純に投票を済ませたことをツイートするのは全く問題ありませんので、投票日当日も企画には気軽にご参加ください。
  • 募集期間が終了しましたら、集計結果を後日「ギネスワールドレコ―ズ」に申請致します。
    ギネス記録登録の可否が決まりましたら、「国民の広場」サイト内や公式twitter(@kokumin_hiroba )にて結果をお知らせ致します。

参加する

ギネス挑戦企画に参加する方はこちらをクリック!

チャレンジは終了しました

参加者一覧(ハッシュタグ一覧)

ネット選挙解禁企画第一弾「ネット選挙バトン」も開催中!

ネット選挙解禁記念企画第一弾!ネット選挙バトンに参加して、日本初のネット選挙を120%楽しもう!実施期間7月4日~7月31日presented by国民の広場

ネット選挙開始記念企画第一弾「ネット選挙バトン企画」も同時開催しています!

著名人・議員・一般有権者を巻き込んだ、ネット選挙を楽しむためのバトンリレー企画も同時開催中!!ぜひこちらもご参加ください。
賞金1万円プレゼント企画も実施中です!)

「ネット選挙バトン」の詳細を見る

「国民の広場」登録者限定プレゼント企画もよろしくね!

「国民の広場」登録者限定!ネット選挙の楽しみ方コンテスト実施中!

「国民の広場」登録者限定!「ネット選挙の楽しみ方コンテスト」を実施中です!

日本初のネット選挙を通して初めてわかった、あなた独自の「ネット選挙の楽しみ方」を、
国民の広場の公式コミュニティ「Enjoyネット選挙!コミュニティ」で投稿してください。
国民の広場事務局員Iが独断と偏見で選んだ1名に、賞金1万円をプレゼント致します!
※詳しくは、国民の広場に無料登録後に「Enjoyネット選挙!コミュニティ」 をご確認ください。

国民の広場へ無料登録する

Copyright (c) 2009 国民の広場, All Rights Reserved.