ホーム > 最近の最重要課題 > 【経団連は棄権しました。(国民の広場アンケート)】

【経団連は棄権しました。(国民の広場アンケート)】

1件~3件を表示

20件づつみる 全部みる

2019年
06月25日
16:09

“ハラスメント全面禁止”の国際条約に、日本も批准すべき?

(参考)
ハラスメント全面禁止 初の国際条約を採択 経団連は棄権
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190622/k10011964611000...(NHK)


※Twitterで投票する!
https://twitter.com/kokumin_hiroba/status/114341372882352...

2019年
07月03日
02:25

"経団連は棄権"かあ?  「引っかかる企業も、係争中の企業もいるからなあ?、ちょっとしたこともパワハラだ!って騒ぐのを奨励するわけにもいかないから、様子見ておこうか?」 という事ですね?
確かに、業務上の怠慢や、身勝手な押し付け、理不尽ぽい業務指示、言葉のニュアンスでの嫌がらせは、違法扱いには出来ず、トータルしてパワハラ訴訟に持ち込むしかないからなあ?勝訴したって裁判費用を賄えるほどの費用に届かないし、
それらをハラスメント全面禁止で複合して国際条約としているのだろうか?
日本社会と国際社会ではハラスメントの内容も違うはずだけど、言葉尻だけでは何とも言えないし、メディア次第では言葉の暴力に発展しかねないし、なんでも横文字訳のカタカナ日本語にしてしまうと、概念が先行してしまって、いわれのない決めつけも起こりかねない、痴漢冤罪の様な逆利用者も出てくるかも?
しかし嫌味な上司や、理不尽経営者はいくらでもいるし、相談に駆け込もうとしても、左翼団体や政治運動がらみの団体か、行政側の形だけ相談所みたいな感じの所ばかりのようでどうしたらいいかわからない。
と言う人もまだ存在する、
 日本社会はまだ金にならないもめごとには関与したがらない弁護士が多いように思う、パワハラと叫べなくて、ひたむきに我慢している人の方が多いはずだ、
昨今海外から賞賛の言葉を受けている日本の社会的モラルはそのような条約でもたらされている訳では無い、公共への思いやりからの日本人の伝統であろう、海外からの言論武器の輸入は慎重になっておいた方が良いかも?
日本的弁護士気質かなんかが伝統となって何とかならないだろうか?むしろ江戸時代の方が安定していたような気がする。

2019年
07月03日
03:00

違法行為のパワハラについては禁止してるのが当たり前、立証方法や告発方法をしっかりと社会に広めていく方が大きな対策になるはず、日本自らの方向性を確認して批准の方向に向かうべきだと思います。
国際条約に尻押ししてもらわないと公的機関が動かないという事があるならその方が問題、

1件~3件を表示

20件づつみる 全部みる

Copyright (c) 2009 国民の広場, All Rights Reserved.