ホーム > 最近の最重要課題 > メガ協定(FTA/EPA)の脱退及び、関連法案及び閣法廃止を速やかに行える法案

メガ協定(FTA/EPA)の脱退及び、関連法案及び閣法廃止を速やかに行える法案

1件~1件を表示

20件づつみる 全部みる

2018年
12月25日
21:10

メガ協定、例えば、CPTPPや日欧EPA/SPA、日米FTA等がありますが、日本国憲法から言うと、関連法案は「閣法」に当たり、憲法違反に近い様です。

また、日本国憲法の生存権を著しく破る内容に、なっていると考えられます。

例えば、「水道民営化」は、関連法案とも言えますが、ラチェット条項によって、一度民営化されると、再公営化できない可能性があります。

ウィーン条約46条によると、著しく国内法を破る場合、無効に出来ると書いてある様です。

一度決定してしまうと、発効されない限り、脱退交渉が出来ない様です。

日本国民の生命を守るつもりがあれば、こんなリスクは取らないと思います。

そこで考えたのは、タイトルにある様に、脱退、関連法案と閣法の廃止を行える法案です。

一番は、メガ協定を廃止に追い込む事ですが、止むを得ない場合、これを歯止めにッすべきと考えますが、いかがでしょうか?

ご賛同いただけるなら、賛同して頂けると有り難いです。

お願い致します。

1件~1件を表示

20件づつみる 全部みる

Copyright (c) 2009 国民の広場, All Rights Reserved.