ホーム > 国民の広場議論状況 > 国防よりも外交と経済強化

国防よりも外交と経済強化 (議論中)

提出者 AOAさん
カテゴリー 政治 - 国会
詳細 我が国も自衛できるよう、軍事力を上げたほうが良いという意見が多いので、ちょっと反対意見を。

戦争が起こる時、一番多い理由が自衛ではないでしょうか?

自国の利益や、国土や宗教などが侵害されると思って、身を守るために武力で抵抗する。
これでは銃社会アメリカの問題と同じループにハマってしまいます。

つまり、自分の子供を守るためなら、敵国の子どもたちを殺してもいいか?という問題があります。

私は、どんな理由であれ、罪のない子どもや民間人の血が流れる武力行使は、悪だと考えます。
理由と行為の善悪は切り離されるべきです。

では、どうやって身を守るか?

私は、日本が経済的、その他の理由で「使える国」、つまり、影響力の高い国になることが一番大事だと思います。

理不尽な侵略行為を行えば、通常その国は諸外国から叩かれて、経済制裁を受けたり、侵略された国に対して援助が行われたりします。

それが、「侵略した国の影響力」>「侵略された国の影響力」であれば、諸外国も口出ししにくいでしょうが、逆であれば大きな後ろ盾になってくれます。

高い経済力を持つことは、核や武力を持つのと同等の効果があるのではないかと私は考えます。

今、日本が危機にさらされているのは、中国などの近隣諸国が経済発展して、逆に日本は経済的影響力を失っているのが大きいと思います。

こんな借金まみれの日本が、今軍事にお金を使ったところで、外国の軍事力に勝てると思いますか?

むしろ、国家経済の破綻を早め、それこそ国際社会から見放されてしまうのではないでしょうか?
議論開始日時 2015年08月03日 18:28:10
  • 提案作成
  • 議論中
  • 投票中
  • 投票結果

議論コメント

まだ議論コメントがありません。

Copyright (c) 2009 国民の広場, All Rights Reserved.