ホーム > 国民の広場議論状況 > コロナウィルス感染防止における、ゲイ(LGBT)に関する懸念

コロナウィルス感染防止における、ゲイ(LGBT)に関する懸念 (議論中)

提出者 K12さん
カテゴリー 社会 - 全般
詳細 コロナウィルスが拡大し、日常生活を圧迫するようになってからしばらく経ちます。
この投稿をした8/1現在でも収束にはいたらず、感染者数は増大する一方です。

そんな中でも我々は生活していかなければならず、そのために色々な義務や制約を
お互いに約束し実行しつつ、これからどうなるのか分からないという不安や恐怖と
戦いながら、なんとか暮らしているかと思います。当然、私も私の周囲も同様です。
みなさんどこか疲れ、憔悴しているのを見せないようにしてはいませんか?
そんな中で問題と感じたのが、今回の件になります。

まず簡潔にいいますと、「ゲイの生活習慣が感染拡大を助長している懸念がある」
このような内容です。同時にお断りをさせていただきますと、差別意識からでは
ありませんので、そう言った類のお言葉をいただきましても対応出来かねます。

私は、与党と野党どちらかといえば現与党の自民党を支持しています。というのも、
民主党政権の有り様や震災対応、昨今の水害を起こす遠因でもある事業仕訳などを
見てきたからであり、またそれを支持する人々の性質も理解しているからです。
民主党は関係ないんじゃない?と思った方もいるはずです。後々お話致します。

LGBT全体というよりもゲイが突出している事実として、薬物や公然猥褻、売春や、
児童売春、性行為施設、浴場などでの視姦などを当然としている傾向があります。
また全体を見ても、差別が酷い!といいつつ普通に生活できていたり、場合では
テレビなどのメディアで持て囃されたりなど違和感を覚えることも正直あります。
prideや虹色などのシンボルを多用する割には、秩序と自制に乏しいのも事実です。

それは今回もそうです。ネットには「ゲイが性的な相手を探す為だけに作られた」
掲示板やアプリが溢れています。いくつか知っていますが、その内の一つを思い出し、
感染がなかなか落ち着かない東京都と、つい先日感染確認をしたと主張する岩手県の
ページを確認しに訪れてみました。結果、10投稿で1ページのページを何回も何回も
遡って、ようやく一日間分遡れたのでした。つまり、東京都一日だけでも100以上の
募集がかかっていたということです。それがこれまでずっと続いてきているのです。
他の掲示板やアプリでもほぼ同様の有様でした。東京が300人代になって、TVなどで
騒がしくなっていた7/29あたりのタイミングです。私には信じられませんでした。

私としては、行政による厳格な調査が必要と感じます。掲示板やアプリの一時凍結や
用途の規制も視野に入れた、LGBTへの認識を抜本的に見直すことが必要とも感じます。
このような状況で上記のような行動を取り続けられるのはハッキリ言って異常です。
子供でさえ含めた誰もが自分を抑えて我慢して生きているこのコロナとの戦いの中、
彼らは自分の欲望のままに生きています。差別だ!という言葉を鎧にも剣にもして。
毎日頑張っている一般人をあざ笑うかのような行動を放置しないで頂きたいです。
私の提起した方法でなくても構いません。社会的な責任は共通のはずです。
一日も早くコロナウィルスから社会が快復するため、勇気を出すときだと思います。

以上になります。肝心の要点がラストに集中しましたが、読んでいただいた方は
ありがとうございました。
____________
末筆ですが、彼らについての認識が変わったきっかけなどを補足として…
今から少し前、LGBTがデモを開催しました。服装や行動など、こちらでも
違和感や不快感を覚えさせるものがごく当たり前のようにされていますが今回は
別の話です。あろうことか彼らはその日、民主党の面々と同じ場に立ち、何故か
自民党や総理、その支持者への攻撃を始めたのでした。平等や地位向上を語るか
と思えばそんなことはなく、ただただ旧民主のイエスマンになり果てていました。

LGBTに対する懸念や疑念の答えを、「民主党と組んだ」のを目の当たりにして
「察し」た形です。彼らに詳しいほど、私の心境がわかるかもしれません。

とにかくこのタイミングで、私はLGBT、特にゲイについて警戒と興味を持ちました。
その結果、掲示板やアプリなどの彼らのコミュニティーや、価値観、用語などを
ある程度のレベルで把握するに至ったのもそれがキッカケです。

差別という言葉を利用している事や、素行や言動など問題点は溢れていますが、
今はコロナウィルスに関する彼らの姿勢について集中したいと思います。
読んでいただきありがとうございました。
議論開始日時 2020年08月01日 14:33:42
  • 提案作成
  • 議論中
  • 投票中
  • 投票結果

議論コメント

まだ議論コメントがありません。

Copyright (c) 2009 国民の広場, All Rights Reserved.