ホーム > 国民の広場とは
国民の広場とは

「日本初・国民生活改善サイト」
それが国民の広場のコンセプトです

国民の広場で具体的にできること

【国民(登録ユーザー)同士で話し合いをするコミュニティに参加する】

政治・経済などの難しい事柄から日常生活に至ることまで、自身が普段から持っている主張や疑問を国民の広場内で投げかけると、他のユーザーから様々な建設的意見やアドバイスを得ることができます。

掲示板に意見を投稿する以外にも、自身がお住まいの「地域コミュニティ」へ参加したり、興味を持っている事柄に関するコミュニティを探したり、自分で新たにコミュニティを作成することで、より趣味趣向のあったユーザーと密なやり取りを行うことができるようになります。

ページトップに戻る

【19歳以下限定コミュニティ しゃべくりteens!に参加する】

18歳、19歳のみなさん!朗報です!!

2015年6月、選挙権年齢が「満20歳以上」から「満18歳以上」に引き下げとなることが正式に決定いたしました。これによって、2016年夏の参院選から未成年である18歳19歳の人たちも投票に参加できるようになり、実際に皆さんの意見が政治経済に反映されるようになるのです!しかし、今の日本の政治にはまだまだ問題が…

今の日本の政治は、若年層の投票率が低いことが原因で全体的に若年層に不利な政策が多い傾向にあると言われています。日本の未来を担っていく若者世代の背中を後押しするような政策が少ないままで本当にいいのでしょうか? そして、若者たちはその状況を黙って見ているだけでいいのでしょうか!?

この状況を少しでも変えていくためには、若者自身が声を上げていくしかありません!「政治や経済って難しいんじゃないの?」「自分たちには関係ないんじゃないの?」と思っている方、それは大間違い!「政治経済について考えること」は「あなた自身の未来について考えること」と全く同じなのです!

国民の広場の新コーナー「19歳以下限定コミュニティ しゃべくりteens!」では、若者たちが下記の様な内容について真剣に話し合っています。以下、話題の一例です。

  • 「選挙権年齢引き下げに、賛成?反対?」
  • 「若者はどう思う?集団的自衛権。」
  • 「僕たち私たちの就職事情」
  • 「大人たちにモノ申す!」
  • 「政治家たちにモノ申す!」
  • 「自分の街を盛り上げるには、キミならどうする?」
  • 「もしも自分が総理になったら、何をする?」
  • 「知って得する知らなきゃ損する怖い話(年金問題など)」
  • 「若者に不利な○○という政策についてどう思う?」
※コミュニティに参加すると、スレッド立てやコメント投稿を自由に行うことができます。

さあ今こそ声を上げ、自分たちの未来(=日本の未来)を自分たちの力で明るく楽しいものにしていきましょう!
まずは国民の広場の「19歳以下限定コミュニティ しゃべくりteens!」から。

登録はこちら

【月替わりコンテストに参加する】

「月替わりコンテスト」では、毎月異なるテーマのユニークなコンテストが開催されます。
行われるコンテストは毎月ひとつだけ。実施期間はその月の初日から月末となります。
ジャンルは政治など難しい話題に限らず、その時々で流行している分野等ユーザーの皆様に興味を持って頂ける内容を様々用意しています。
毎月、最も多く他ユーザーからの支持を得た作品投稿者には、優勝賞品としてQUOカード1万円分をプレゼント致します!

※現在行われているコンテストの詳細情報は、サイトにログインしてコンテスト開催ページを確認するか、公式Twitterの情報を随時確認ください。

アイデアコンテストの流れ
  1. 毎月異なるテーマのコンテストを開催。
  2. コンテストに参加するユーザーは、テーマに沿った作品を投稿しよう。
  3. その他のユーザーは、気に入った作品や応援したい人に「投票」しよう。
    ※一か月の間で最も多い票数を得た作品投稿者がその月の優勝者となります。
  4. その月の優勝者にはQUOカード1万円分が贈呈されます。
    (優勝賞品獲得条件は「最低獲得票数100票」です)
  5. 翌月、また新たなテーマのコンテストが開催されます。
コンテスト優勝のコツ(必見!)
  • 面白そうなタイトル(キャッチコピー)で、読者の目を引こう!
  • 投稿した作品を自分のブログやSNSでも宣伝して、投票してもらおう!
    ※自分の作品ページのURLをSNSに投稿して、できるだけたくさんの仲間に自分の作品に投票してもらいましょう!(投票を行うためにはサイトへの登録が必要です)
  • 人気のある作品や投稿者を参考にしよう!
    ※投票数の多い作品・投稿者には必ず何らかの理由(ヒミツ)があるはず。毎月チャンスが訪れるコンテストで優勝するために、他の人の技やコツを地道に研究して自分のものにしてしまおう!
その他注意事項
  • 同一投稿作品への投票はひとり1日1回のみとなります。(同日中、複数の作品に一票づつ投票を行うのは問題ありません。)
  • 作品の投稿期間ならびに投票期間は、その月の初日から最終日までとなります。月の最終日24時の投票数でランキングが決定されます。
  • 首位が複数いた場合、賞品は山分けとなります。
  • 一度投稿した内容を編集することはできません。投稿内容を修正したい場合は、古い投稿を削除して新しい作品を投稿してください。(重複する内容の投稿はお控えください)
  • 他薦による投稿(本人以外が作成した動画や写真をエントリー作品として投稿)とわかった場合、その投稿が獲得した票は無効になることがあります。
  • 自身が投稿した作品には投票できません。また、一人で複数アカウントを作成して作品を投稿したり、自身が投稿した作品に対し自身が作成した複数のIDから投票を行う行為は禁止事項となります。不正が発覚した場合はアカウント停止などの対処を取らせて頂きますのでお気をつけください。
月替わりコンテストへの参加方法

月替わりコンテストに参加するには、国民の広場への無料登録とログインが必要です。
すでに国民の広場のユーザーの方は「ログインフォーム」からログインしてください。
まだ国民の広場にご登録いただいていない方は「登録フォーム」からご登録ください。

ページトップに戻る

【アイデアを投稿する(アイデアコンテストに参加する)】

あなたが普段から持っている、「もっとこうしたら世の中は良くなるのに…」「もし自分が総理大臣だったらこうしたい!」というアイデアを投稿してください。内容は政治・経済などの難しい事柄から日常生活に関する些細なことまで何でも構いません。

投稿されたアイデアは、毎月登録ユーザーの間で評価されます。その月で最も多くのユーザーからの共感を得ることができたアイデアは、その月のグランプリとして提案者に国民の広場より賞金1万円(JCBギフト券)が進呈されます。

また、グランプリ受賞アイデアは、それを実現に移すための次のステップとして、「国や行政への提案(陳情・請願活動)」に移行させることができます(任意)。「国・行政への提案」内では、アイデアをユーザーの協力を経てさらに発展させ、最終的に規定の賛同数を得る(規定の署名数を得る)ことができれば、請願や陳情などの要望書として希望送付先機関に対して送付することができます。

※「国・行政への提案」の詳細についてはこちらをご確認ください。

アイデアコンテストの流れ
アイデアコンテストの流れ
  1. 「アイデアコンテスト」のページにて登録ユーザーがアイデアを投稿します。
  2. ユーザーは投稿された様々なアイデアの中から賛成できるもの、取り入れるべきだと思うものを選び、「さんせい!」ボタンを押します。
  3. 1か月の間で最も多い賛同を得ることができたアイデアが、その月のグランプリアイデアとなります。(グランプリ受賞資格を得ることができる最低ポイント数は100さんせい!ポイントとなります。)
    ※コンテストの期間は毎月1日からその月の最終日までとなります。
    ※グランプリ受賞資格を得ることができる最低ポイント数は100さんせい!ポイントとなります。
  4. 毎月グランプリ受賞者には、国民の広場より賞金1万円(JCBギフト券)を進呈いたします。
    ※投稿者の希望により、グランプリ受賞アイデアは「国・行政への提案」へ議論の場が移行されます。
    ※グランプリを逃したアイデアは、翌月以降も審査対象として持ち越されます。
グランプリ受賞のメリット
  • グランプリアイデア投稿者には国民の広場運営事務局より賞金1万円(JCBギフト券)が贈呈されます!
  • グランプリ受賞アイデアは、それを実現に移すための次のステップとして、「国や行政への提案(陳情・請願活動)」に移行させることができます。「国・行政への提案」内で、アイデアは再度討議・精査され、最終的にユーザーから規定の賛同数を得る(規定の署名数を得る)ことができれば、提案内容を請願や陳情などの要望書として希望送付先機関へ送付することができます。(グランプリアイデアを「国・行政への提案」へ移行させるかどうかは投稿者の自由です。)
多くの「さんせい!」ポイントを得るコツ
  • すでに投稿されているアイデアと重複する内容のものを投稿しない。
  • 現実的かつ具体的な内容のアイデアを投稿する。
  • 多くの共感を得るために話題性や時事性が比較的高い内容のアイデアを投稿する。
その他注意事項
  • 同一アイデアへの「さんせい!」ボタンクリックは一人1日1回のみ可能です。(1日のうちに異なる複数アイデアへの投票は可能です。)
  • グランプリ受賞資格を得ることができる最低「さんせい!」ポイント数は100ポイントとなります。
  • 自身が投稿したアイデアには投票はできません。
  • 複数アカウント作成は禁止事項となります。不正が発覚した場合はアカウント停止などの対処を取らせて頂きますので予めご了承ください。
  • アイデアの募集期間ならびに投票期間は、その月の初日から最終日までとなります。月の最終日24時の投票数でランキングが決定されます。
  • ポイント同数で一位の方が複数いた場合、賞金は山分けとなります。
  • 次点以下のアイデアは翌月以降も審査対象として持ち越されます。(ただし、ポイントは毎月リセットされます。)
  • 投稿者は、自身が過去に投稿した古いアイデアを削除して、新しいアイデアを投稿することができます。(重複する内容の投稿はなるべくお控えください。)
  • グランプリアイデアを「国・行政への提案」の段階へ移行させるかどうかは提案者の自由です。
  • グランプリアイデアの議論の場を「国・行政への提案」へ移行させる場合、自身のアイデアを実現に向けて落とし込めるよう、最後まで(「議論」を経て「投票」が終了するまで)責任を持って推移を見守り頂きますようお願い致します。

ページトップに戻る

【国や行政への提案(陳情・請願活動)を行う】

国や行政に対して明確な提案・要望事項がある方は、「国・行政への提案」機能を利用して、国民(登録者)の賛同を仰ぐ(署名を募る)ことができます。(提案の投稿が行われた際ならびに提案に対する投票が行われる際、国民の広場事務局がその旨を全ユーザーに向け定期的にメルマガを通じてお知らせし、「議論」「投票」への参加を呼びかけます。)審議・精査された上で最終的に規定の賛同数を得ることができた提案は、国や関係機関に対し請願や陳情などの「要望書」を提出することができます。
※もちろん、グランプリアイデア受賞者以外でも、陳情・請願活動を行いたい方は誰でも「国・行政への提案」機能を利用することができます。

※国民の広場において、「提案への賛成票投票」は「提案書への署名」として取り扱われます。提案が規定の賛同数を得ることができ要望書として提出される際は、国民の広場登録時の個人情報を「署名」として使用させて頂きますので、提案書の効力を高めるためにも正確な情報をご登録頂きますようお願い致します。なお、個人情報は要望書署名以外の用途に使用することはございません。(国民の広場のプライバシーポリシーはこちら

提案が提案書(陳情・請願)として提出されるまでの順序
提案が提案書(陳情・請願)として提出されるまでの順序
  1. 国・行政への提案掲示板を作成します。
  2. 国民(ユーザー)の間での議論が行われます。(「議論」から「投票」に移行するためには、最低限必要なコメント数が存在します。)
  3. 提案が十分な議論を経たら、投稿者は投票に進む前の確認事項を参照の上、ご自身が投稿した提案文章を編集(清書)して頂きます。最終的に確定した提案内容を元に、全登録ユーザーに対して「投票」を仰ぎます。(国民の広場では、「提案への賛成票投票」は「提案書への署名」として取り扱われます。提案が規定の賛同数を得ることができ要望書として提出される際は、国民の広場登録時の個人情報を「署名」として使用させて頂きます。
  4. 国民の広場が定めた署名有効(かつ投稿者が希望する)賛同数を得ることができ投稿者が「投票」を終了した後、近日中に事務局が投稿された提案文章を元に提案書を作成し、賛同者の登録時の個人情報(署名)と共に国や関係機関へ提出致します。提出された提案書の進捗状況は随時国民の広場内でご報告致します。

※議員の賛同署名を得ることができた要望書は「請願書」として、議員の賛同署名の無い要望書は「陳情書」として取り扱われることになります。

【陳情・請願とは?】

  • 国民が署名活動を行い、国に対して意見や要望を伝えることを「陳情」または「請願」と言います。(選挙以外に国民が政治参加する方法のひとつです。)
  • 提案書を「請願」として提出する際は、国会議員・地方議員(請願の内容に賛意を表する議員)の署名が必要となります。(20名以上の紹介議員を集めることができれば、確実に国政の会議にて議論されることになります。)
  • 議員の賛同(署名)が得られなかった要望書は「陳情」として取り扱われることになります。
  • 陳情・請願には絶対的な法的拘束力もありませんが、要望が受け入れられるかどうかは署名数の多さもカギとなります。(国民の声が大きくなれば大きくなるほど紹介議員の賛同も得やすくなり、国会で審議されやすくなり、国民の意思を政治に反映させることができる可能性も高まります。)お知り合いの方もぜひ当サイトへのご登録をお誘い頂きまして、陳情・請願を実現させてください。
  • ※請願について詳しい法律は下記をご確認ください。
    国会法第七十九条について
    請願法について
    (総務省運営サイト「電子政府の総合窓口e-Gov」より)
  • ※陳情・請願の見本はこちらをご確認ください。

【提案書(陳情・請願)提出における主な注意事項】

  • 「議論」が終了した提案は「投票」段階に進む前に、議論の内容を踏まえ、投稿した提案内容を記載必須項目を含めた内容に編集(清書)して頂く必要がございます。
  • 国会議員や地方議員(提案書の提出先により変わります)の賛同を得ることができ、一人でも紹介議員になって頂けた提案事項は、「請願書」として国や関係機関へ提出されます。
  • 紹介議員を得ることができなかった提案書は、「陳情書」として国や関係機関へ提出されることになります。
  • 国民の広場では、「投票」開始後1か月以内に規定の賛同票(「200件以上の投票」かつ「投票者のうち過半数を超える賛同数」)を得られなかった提案は、不採用(廃案)となります。(1か月以内に規定数を超える賛同票を得ることができた提案は、提案書を提出することができます。)
  • 国民の広場では、ご登録時に入力頂いた個人情報をそのまま「署名」として使用させて頂きますので、提案書の効力を高めるためにも個人情報入力はくれぐれもお間違えのないようよろしくお願い申し上げます。
  • 地方版コミュニティにおける各地方行政機関に対する提案書(陳情書・請願書)作成の収集や提出は、登録者(各案件の作成責任者)の方々が自主的に行って頂くことになります。地方版コミュニティで議題に上がった案件は、最終的にネット環境を飛び越えて、当事者の皆様方が実際に集まって議論や活動を行って頂くまで波及させていくことを目的として頂きたいと思います。従いまして、各地域で各地方の案件に関しましては、国民の広場事務局が主導して各地域の紹介議員を募ったり、各書類の取りまとめや当該機関への書類提出を行うことはできませんので予めご了承ください。

【提案書(陳情・請願)提出における署名の取り扱いについて】

  • 国民の広場では、「提案への賛成票投票」は「提案書への署名」として取り扱われます。提案が規定の賛同数を得ることができ要望書として提出される際は、国民の広場登録時の個人情報を「署名」として使用し、提案書と共に国や関係機関へ提出させて頂きます。(提案書の効力を高めるためにも正確な情報をご登録頂きますようお願い致します。なお、個人情報は要望書署名以外の用途に使用することはございません。)
  • ※国民の広場のプライバシーポリシーに関してはこちらをご確認ください。

ページトップに戻る

【被災地応援情報投稿窓口】

近年、日本各地で大小様々な災害が発生しています。どの災害においても、少し時間が経過すると被災各地の「今」を伝えるメディアの数や頻度は激減していきますが、はたしてそれでいいのでしょうか?

被災地外で普通の生活を送っている人にとっては、報道が減ることによって「きっと復興は少しづつ進んでいるのだろう」と(勝手に)楽観的な気持ちになったり、災害が起こったこと自体の記憶すら薄れていきます。実際は、「あまり前に進めていない現実」もあるのにもかかわらず。被災地からの"生の小さな声"が国民の広場に寄せられることもあり、その度に「時が過ぎても忘れてはいけない」ことがあると再認識します。

国民の広場は、そのような小さな声、被災地の現実の姿を、全国の人たちにもっと知ってもらう必要がある!と考えています。

いまだ結論を導き出すことができない原発の是非。不安が残る未来の災害対策。首都直下型地震や南海トラフ地震など、いつどこで大地震が起こるかわからないような状態に置かれている今、明日は我が身の問題です。被災地の未来を考えるべきなのは被災地に住む人たちだけでなく、日本国民全員が抱えている課題として、一緒に被災地の未来・日本の未来について考えていくことが必要だと、国民の広場は考えます。

被災地にお住まいの皆様、もし全国に住む人々に対して、知ってほしい・伝えたい情報があるのであれば、ぜひ国民の広場にそれをお知らせ頂けませんでしょうか?

国民の広場は微力ながらそういった貴重な情報を吸い上げ、全国に散らばるユーザーに対して告知し、それに対する議論の場を持ち、現状を打破するための知恵を日本人全員で考えていく一助となりたいと考えております!宜しくお願い致します。

募集中の情報例

被災地の現状について…メディアを通して全国に伝わっていないこと・今すぐ必要としている支援内容など。※国民の広場内で具体的な課題が提示されたら、問題解決に向けて全国の登録ユーザー同士が知恵を出し合い、国や関係機関へ要望書作成を行うことも可能です。

例)
「国は何もしてくれない…」
「今後の災害対策は十分なの?」
「メディアは被災地の正しい姿を報道してくれない!」など

被災地の未来について…被災地の未来はどうあるべきか?どうなりたいのか?被災地の方々の教訓を全国民がどのように生かせるのか?などについて話し合いましょう。

頑張っている被災企業について…被災地で頑張っている人や企業」を国民の広場でご紹介ください。国民の広場で活動をご紹介させて頂く事で、新たな広がりにつながるかもしれません。

※被災地からの情報投稿がありましたら、国民の広場運営事務局にて内容を精査後、それを国民の広場内の災害被災地応援公式コミュニティにて掲載告知致します。

ページトップに戻る

【寄付等の社会貢献活動】

東日本大震災復興支援義援金(支援金)募集などの寄付募集呼びかけを随時行っております。現在、国民の広場東日本大震災支援エッセイ集「私が幸せになる方法」をiPhoneアプリ・androidアプリにて販売中です。販売ページはこちら。(売上の一部は震災復興義援金(支援金)として日本赤十字社に寄付致します。)

ページトップに戻る

【議員の広場の観覧と議員とのコミュニケーション】

現職国会議員、地方議員、首長のtwitterを観覧することができます。(自身が注目する議員が日々何を考え、どのような活動を行っているかを知ることができます。それらを日々チェックすることで、議員の性格や政治家としての能力・資質を判断することも可能です。)

また、「国民の広場」のtwitterを通じて、彼らに対して自分たちの意見を伝えることができるだけでなく、議員からの返信を得ることもできます。(返信するか否かは議員の意思に委ねられますので、必ずしも返事が返ってくることを保証するものではありません。)

※なお、その後の登録者と議員とのやり取りは、基本的に「国民の広場」サイト内にて行われることとなります。

ページトップに戻る

【国民の広場立ち上げ目的と意義】

「今の日本の政治がおかしいのは、決して政治家だけの責任とは言い切れません。」

あなたは政治家に文句ばかり言ってはいませんか?「政治に期待しても仕方がない…」と思っていませんか?今の政治家を選んでいるのは他でもない私たち有権者。つまり、政治の体たらくの責任・原因は少なからず私たちにもあるということです。「政治を信用できない」「政治に期待ができない」と政治から眼をそむけることは、自分たちの首を絞めるのと同じです。我々には正しい政治家を見極める目を養うことが必要です。

「国民の広場で正しい政治家を見極める目を養って、みんなの力で日本の未来をより良くしていきませんか?」

自分たちの力で、自分たちの生活をより良いものに変えていく国民生活改善サイト、それが国民の広場です。国民の広場では登録者同士が協力して日常生活や政治における疑問や不満を解消させることができるだけでなく、署名活動を行い提案書(請願・陳情)提出したり、災害募金を行ったり、twitter議員とコミュニケーションを取ることができます。日本が政治・経済共に窮地に立たされている中、国民みんなで日本を良くするためにどうすればいいか?を本気で考え、実際に国や私たちの生活を変えていきましょう!

ページトップに戻る

Copyright (c) 2009 国民の広場, All Rights Reserved.