ホーム > 世界記録チャレンジ企画参加方法

”18歳選挙”のツイート数で、世界記録に挑戦しよう!目指せ!若者の投票率大幅アップ!!

投票に行って、つぶやいて、ギネス記録に挑戦しよう!

2013年のネット選挙解禁に続き、ついに今年は満18歳以上の未成年者の選挙権が解禁となりました!そこで国民の広場は若者の投票率向上を目指し、Twitterに投稿された「18歳選挙」という単語を含んだツイートの総数で「24時間以内に最も多くツイートされたキーワード」の世界記録樹立を目指します。

イギリスのように、後で「投票に行っておけばよかった…」と後悔しないためにも、一人でも多くの方の投票と当企画への参加(清き1ツイート、1リツイート)をよろしくお願いします!

参加方法

参加方法

選挙投開票日の7月10日にツイッター上で「18歳選挙」というキーワードを含んだ文章をつぶやくだけで構いません。
※期間中、ひとりで何度ツイートしてもOK(全てカウントされます)。リツイートも1件としてカウントされます。

【注意事項】
  • チャレンジ当日、下部のボタンをクリックすると、定型文を含んだtwitter投稿画面が表示されます。
  • ひとりで何度つぶやいてもOK!リツイートでもOK!
  • 投稿されたツイートは、下記の「ツイート一覧」に掲載されます。
  • 公職選挙法により投開票日当日は、特定の候補者・政党等への投票・応援を募るメッセージを書き込むことが禁止されていますのでご注意ください。
  • チャレンジの進捗や結果は、「国民の広場」サイト内や公式Twitter(@kokumin_hiroba )にて随時お知らせ致します。

参加者一覧(「18歳選挙」を含むツイート一覧)

企画意図

イギリスのように、「投票しておけば良かった…」と後で後悔することなく正しい選択をするために。

ネット選挙解禁に続きついに今年は満18歳以上の未成年の選挙権が解禁となりました!
今、政治は若者に門戸を大きく開こうとしているはずですが、このままでは若者の投票率が非常に低いままになってしまうことが予想されます。
若者の投票率が上がらなければ、投票率の高い高齢者層のための政策ばかりになり、日本の未来を担うはずの若者にどっとしわ寄せがきてしまいます。

どうせ政治は若者に何もしてくれない?そんなことはありません。
一人でも多くの若者が投票すれば、政治家はみなさんの言うことを聞かざるを得なくなるのです!

今回の世界記録挑戦企画は、若者を中心とした投票率を少しでも高めることを考え実施した企画です。
一人でも多くの方の投票と企画へのご参加(清き1ツイート、1リツイート)を心よりお待ちしております。

目標のツイート数はいくつ?

現在、「24時間以内に最も多くツイートされたキーワード」の公式世界記録は公表されておりません。
従って、今回の企画で目指すべきツイート数の目安としていくつかの数値を挙げておきたいと思います。

  • 「24時間に最もツイートされたブランド」のツイート数…「ポッキー」の371万44件
  • 24時間以内で最も多くツイートされたハッシュタグの数…#AlDubEBTamangPanahon の4070万6392件
  • 24時間以内に最も多くリツイートされたツイートの数…オバマ大統領のツイートのリツイート、68万7429件
  • 1秒間に最も多くツイートされたキーワードの数…天空の城ラピュタ「バルス」の14万3199件

皆様のご協力で上記に肩を並べられるような数値を記録することができ、その結果として若者の投票率がほんの少しでも高まることにつながれば幸いです。

投票が済んだらこちらもチェック!

新コーナー「月替わりコンテスト」絶賛開催中!

月替わりコンテストへの参加方法

月替わりコンテストに参加するには、国民の広場への無料登録とログインが必要です。
すでに国民の広場のユーザーの方は「ログインフォーム」からログインしてください。
まだ国民の広場にご登録いただいていない方は「登録フォーム」からご登録ください。

Copyright (c) 2009 国民の広場, All Rights Reserved.